Laboratory of Animal Behavior, Division of Animal Science, School of Veterinary Medicine, Kitasato University

業績一覧

学術論文

  1. Ogura T, Maki M, Nagata S, Nakamura S. 2020. Dogs (Canis familiaris) gaze at our hands: a preliminary eye-tracker experiment on selective attention in dogs. Animals, 10: 755.
  2. 志賀保夫, 松浦晶央, 畔柳 正, 小林裕志. 2020. アニマルウェルフェアに関する知識が消費者の牛肉購買意向に与える影響. 日本畜産学会報. 印刷中
  3. Matsuura A, Aiba N, Yamamoto H, Takahashi M, Kido H, Suzuki T, and Bando Y. 2020. Stroking a real horse versus stroking a toy horse: Effects on the frontopolar area of the human brain. Anthrozoös. in press.
  4. 小倉匡俊, 近藤沙紀, 中尾小百合, 河村あゆみ, 福泉洋樹, 岡部光太. 印刷中. 混合展示におけるアミメキリンとグレビーシマウマの異種間関係の出産前後での比較. 2020. Animal Behaviour and Management(動物の行動と管理学会誌), 56: 8-17.
  5. Ake K, Ogura T, Kaneko Y, and Rasmussen GSA. 2019. Automated photogrammetric method to identify individual painted dogs (Lycaon pictus). Zoology and Ecology, 29: 103-108.
  6. Ogura T, Nakayama T, Yamabe K, Shigeno H, Tani Y, Yugawa M, Shibata E, Miyakawa E, and Ohata M. 2019. Koalas (Phascolarctos cinereus) utilise volatile compounds to choose preferred Eucalyptus leaves. Journal of Zoo and Aquarium Research, 7: 94-101.
  7. Matsuura A, Inoue S, Irimajiri M, and Hodate K. 2018. Maximum permissible load for Kiso horses trotting over a short, straight course. Animal Science Journal, 89: 232-236.
  8. 田中愛, 小倉匡俊. 2018. 日本の動物園における高齢レッサーパンダの飼育管理の調査. 動物園水族館雑誌, 60: 10-17.
  9. 安家叶子, 小倉匡俊, 金子弥生. 2018. 人間の目視によるリカオン特有の模様を用いた個体識別法に影響を与える要因の検討. フィールドサイエンス, 16: 1-7.
  10. Tanaka A, and Ogura T. 2018. Current husbandry situation of red pandas in Japan. Zoo Biology, 37: 107-114.
  11. 小倉匡俊, 池田秀俊, 小林郁美, 西川夏実, 阿部弘, 八巻明彦, 佐藤喜伸, 田山麗, 安曇正晃, 永倉頌子, 小野寺順也. 2017. ニホンザルにおける三次元的な空間利用を促す環境エンリッチメントの評価. 動物園水族館雑誌, 59: 27-34.
  12. Ono, A., Matsuura, A., Yamazaki, Y., Sakai, W., Watanabe, K., Nakanowatari, T., Kobayashi, H., Irimajiri, M., and Hodate, K. 2017. Influence of riders’ skill on plasma cortisol levels of horses walking on forest and field trekking courses. Animal Science Journal, 88: 1629–1635.
  13. 里見匠望, 松浦晶央. 2017. 電気牧柵での管理がウマの血漿中コルチゾール濃度、心拍数および心電図RR間隔変動の概日リズムと放牧時の行動に及ぼす影響. 東北畜産学会報, 66: 65-71.
  14. Matsuura, A., Maruta, H., Iwatake, T., Kumagai, T., Nakanowatari, T., and Hodate, K. 2017. The beneficial effects of horse trekking on autonomic nervous activity in experienced rider with no disability. Animal Science Journal, 88: 173–179.
  15. Matsuura, A., Mano, H., Irimajiri, M., and Hodate, K. 2016. Maximum permissible load for Yonaguni ponies (Japanese landrace horses) trotting over a short and straight course. Animal Welfare. 25: 151-156.
  16. 小針大助, 林将希, 若林幹夫, 西原健司, 松浦晶央. 2014. 路面状況の違いによる盲導犬の歩行動作及び誘導への影響. Animal Behaviour and Management. 50: 76-82.
  17. Matsuura, A., Irimajiri, M., Matsuzaki, K., Hiraguri, Y., Nakanowatari, T., Yamazaki, A., and Hodate, K. 2013. Method for estimating maximum permissible load weight for Japanese native horses using accelerometer-based gait analysis. Animal Science Journal. 84: 75-81.
  18. Ogino, M., Matsuura, A., Yamazaki, A., Irimajiri, M., Kushibiki, S., Shingu, H., Kasuya, E., Hasegawa, Y., and Hodate, K. 2013. Plasma melatonin secretion rhythms in cattle under varying seasonal conditions. Animal Science Journal . 84: 253-257.
  19. Ogino, M., Matsuura, A., Yamazaki, A., Irimajiri, M., Takahashi, H., Komatsu, T., Kushibiki, S., Shingu, H., Kasuya, E., Hasegawa, Y., and Hodate, K. 2013. Biological rhythms related to metabolism in Japanese Shorthorn cattle under varying environments and management techniques. Animal Science Journal. 84: 513-526.
  20. Ogino, M., Matsuura, A., Yamazaki, A., Irimajiri, M., Suzuki, Y., Kushibiki, S., Shingu, H., Kasuya, E., Hasegawa, Y., and Hodate, K. 2013. Plasma cortisol and prolactin secretion rhythms in cattle under varying external environments and management techniques. Animal Science Journal. 85: 58-68.
  21. Matsuura, A., Sakuma, S., Irimajiri, M., and Hodate, K. 2013. Maximum permissible load weight of a Taishuh pony at a trot. Journal of Animal Science. 91: 3989-3996.
  22. 小木野瑞奈, 松浦晶央, 山﨑淳, 入交眞巳, 櫛引史朗, 新宮博行, 粕谷悦子, 甫立孝一. 2012. パワースペクトル解析(最大エントロピー法)による牛血漿中成長ホルモンおよびプロラクチン分泌リズム解析方法の検討. 日本畜産学会報. 83: 35-46.
  23. Irimajiri, M., Takahashi, A., Matsuura A., Komiyama, S., Nanbu, T., Ogino, M., Yamazaki, A., and Hodate, K. 2012. Assessing attitudes toward and public support of the welfare of farm animal. Animal Behaviour and Management. 48: 66-78.
  24. Yonezawa, T., Takahashi, A., Imai, S., Okitsu, A., Komiyama, S., Irimajiri, M., Matsuura, A., Yamazaki,A., and Hodate, K. 2012. Effect of outdoor housing of piglets on behavior, stress reaction and meat characteristecs. Asian-Australasian Journal of Animal Sciences. 25: 886-894.
  25. Ogino, M., Yamazaki, A., Matsuura, A., Irimajiri, M., and Hodate, K. 2011. Physiological and behavioral responses to social isolation and transportation in calves. Animal Behaviour and Management. 47. 12-20.
  26. Matsuura, A., Nagai, N., Funatsu, A., Irimajiri, M., Yamazaki, A., and Hodate, K. 2011. Comparison of the short-term effects of horse trekking and exercising with a riding simulator on autonomic nervous activity. Anthrozoös. 24: 65-77.
  27. 入交眞巳, 中西コスモ, 渡辺宏, 松浦晶央, 山﨑淳, 大西良雄, 甫立孝一. 2011. 青森県の犬飼育意識調査から考察した今後の課題. 日本獣医師会雑誌. 64: 721-727.
  28. Matsuura, A., Tanaka, M., Irimajiri, M., Yamazaki, A., Nakanowatari, T., and Hodate, K. 2010. Heart rate variability after horse trekking in leading and following horses. Animal Science Journal. 81: 618-621.
  29. 松浦晶央, 武田知華, 黒田千賀, 大村一, 平賀敦, 山﨑淳, 甫立孝一. 2008. 離乳前のハンドリングが離乳後の子ウマの取り扱い易さに及ぼす影響. 東北畜産学会報. 57: 6-13.

総説・解説・その他

  1. 小倉匡俊. 2018. 書評:トラ学のすすめ. 図書新聞, 3372: 4.
  2. 山梨裕美, 小倉匡俊, 森村成樹, 林美里, 友永雅己. 2016. チンパンジーの人工保育とエンターテイメント:動物福祉・保全と将来展望. 日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌, 52: 73-84.
  3. 松浦晶央. 2016. 乗用馬の運動科学. pp. 94-105. シリーズ〈家畜の科学〉6 ウマの科学. (近藤誠司 編) 朝倉書店, 東京. (分担)
  4. 坂東由紀, 松浦晶央, 饗庭尚子, 小林眞紀. 2014. 動物介在医療作業部会. 北里大学農医連携教育研究センター2013年度年報: 19-23.
  5. 松浦晶央. 2013. 大学馬術紹介 北里大学. Hippophile. 52: 20-25.
  6. 松浦晶央. 2011. 乗馬運動が人体に及ぼす影響―ホーストレッキングが騎乗者の自律神経活動に及ぼす生理学的効果について―. 畜産の研究. 65: 29-31.

学会発表

  1. 前田洋佑, 加古翔吾, 松浦晶央, 小島祐輝, 松田敬一, 森川潤一, 鹿野達也, 髙橋 史, 渡辺大作. 冷却馬着・肢巻を用いた馬体冷却効果の検討. 令和元年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会 (2020年2月, 東京)
  2. 松浦晶央, 五十里美南, 服部栞奈, 福田瑞樹, 鍋西 久, 高松杏子, 高松幸生. 動物介在療法によるミニチュアホースのストレス応答. 第69回東北畜産学会山形大会 (2019年8月, 山形)
  3. 高松杏子, 松浦晶央, 高松幸生. アルツハイマー型認知症患者に対するミニチュアホースを用いた動物介在療法の効果研究. 第8回日本精神科医学会学術大会 (2019年7月, 札幌)
  4. Ake K., Ogura T., Rasmussen G.S.A., Kaneko Y. The best way to identify the African painted dogs: first trial of computer-aided identification. 8th European Congress of Mammalogy (September 2019, Warsaw, Porland).
  5. Ogura T. Collaborative project between Kitasato University and Japanese zoos on environmental enrichment for education and academic research. 14th International Conference of Environmental Enrichment (June 2019, Kyoto, Japan).
  6. Mitsuya S., Yamazaki S., Ogura T., Hagiwara S., Suda-Hashimoto N., Okabe K., Nakayama Y., Kioka S., Ban K., Arai Y., Ishida Y., Yamanashi Y., Taguchi Y., Koyama N.Introduction of activities by SHAPE-Japan. 14th International Conference of Environmental Enrichment (June 2019, Kyoto, Japan).
  7. Suzuki N., Kawase F., Kanno H., Sugawara H., Higuchi T., Yamauchi Y., Yamazaki M., Taguchi S., Kioka S., Arai Y., Ogura T., Aoki A. Environmental enrichment: Providing an “enriched life” for companion animals, their owners, and pet sitters. 14th International Conference of Environmental Enrichment (June 2019, Kyoto, Japan).
  8. 中藪初音, 中原文子, 高橋葵, 山梨裕美, 小倉匡俊. ウサギ・テンジクネズミのふれあい方法の変更に伴う来園者の発話の変化. 令和元年度公益社団法人日本動物園水族館協会近畿ブロック動物園飼育係研修会 (2019年6月, 大阪).
  9. 小島祐輝, 菊佳男, 前田洋佑, 小倉匡俊, 松浦晶央. 新奇物に対するウマの馴致および般化の評価. 動物の行動と管理学会2019年度春季研究発表会 (2019年3月, 神奈川).
  10. 小倉匡俊, 植野真優, 土屋実南. イヌにおける尾の動きに対する注視の評価. 動物の行動と管理学会2019年度春季研究発表会 (2019年3月, 神奈川).
  11. 岡部光太, 岡桃子, 小倉匡俊, 植竹勝治. 「学生の視点」を活用して飼育下アムールトラの行動を探る. 2018年度動物園水族館大学シンポジウム (2019年3月, 京都).
  12. 松浦晶央, 饗庭尚子, 木戸葉澄, 鈴木朋, 山本宏明, 高橋恵, 坂東由紀. ウマへの接触がヒトの脳活動、心理状態およびストレスに及ぼす影響. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2018年度春季合同研究発表会 (2018年3月, 東京).
  13. 小倉匡俊, 澤いずみ, 鹿野彩. 猛禽類3種における聴覚エンリッチメントの効果と活動リズムの関係. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2018年度春季合同研究発表会 (2018年3月, 東京).
  14. 時田雄貴, 増井友紀子, 小倉匡俊. 盲導犬におけるヒトの顔・風景に対する注視パターン. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2018年度春季合同研究発表会 (2018年3月, 東京).
  15. 安家叶子, 小倉匡俊, 金子弥生. リカオンが持つ個体特有の模様による新たな個体識別法の検証. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2018年度春季合同研究発表会 (2018年3月, 東京).
  16. 河野晴香, 西田香苗, 小倉匡俊. コアラはどんなユーカリが好き?. ずーなんよ。動物園大学8 in ひろしま安佐 (2018年3月, 広島).
  17. 近藤沙紀, 中尾小百合, 小倉匡俊. キリンとシマウマは仲良し!?. ずーなんよ。動物園大学8 in ひろしま安佐 (2018年3月, 広島).
  18. 澤いずみ, 鹿野彩, 小倉匡俊. 猛禽類にいろんな音を聞かせると…?. ずーなんよ。動物園大学8 in ひろしま安佐 (2018年3月, 広島).
  19. 小倉匡俊, 茂木大地, 渡辺千絵, 山本裕司. コアラの母子間での腸内細菌叢の比較および腸内細菌叢の採食選好性への影響の検討. 行動2017 (2017年8月, 東京).
  20. Ogura T., Suhara M., Takahashi S. Olfactory enrichment for three carnivores: smell‚ sociality‚ and phylogeny. 13th International Conference of Environmental Enrichment (May 2017, Bogota, Colombia).
  21. 小倉匡俊, 中村早奈惠, 永田早紀, 槇みづき. イヌにおけるヒト・イヌ・ネコに対する視覚注視の比較. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2017年度春季合同研究発表会 (2017年3月, 神戸).
  22. 若宮あかね, 林英明, 松浦晶央. ヨナグニウマにおけるタテガミ中コルチゾール濃度と個体の気質および飼育管理との関係. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2017年度春季合同研究発表会 (2017年3月, 神戸).
  23. 田中愛, 中藪初音, 村山晴香, 小倉匡俊. 高齢レッサーパンダの福祉を考える ―加齢がもたらす行動への影響―. ずーぞなもし。動物園大学7 in とべ (2017年3月, 愛媛).
  24. 小倉匡俊, 須原美夏, 高橋星麗. 食肉目3種における嗅覚エンリッチメントの効果. ずーぞなもし。動物園大学7 in とべ (2017年3月, 愛媛).
  25. Ogura T., Izumi S., Imai M., Nagano S., Matsuura A. Audio-visual cross-modal concept of familiar persons in dogs (Canis familiaris). 31st International Congress of Psychology (July 2016, Yokohama, Japan).
  26. 里見匠望, 小倉匡俊, 松浦晶央. 電気牧柵での管理がウマの血漿中コルチゾール濃度と心拍数のサーカディアンリズム、および放牧時の行動におよぼす影響. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2016年度春季合同研究発表会 (2016年3月, 東京).
  27. 小倉匡俊, 池田秀俊, 小林郁美, 西川夏実, 阿部弘, 八巻明彦, 佐藤喜伸, 田山麗, 安曇正晃, 永倉頌子, 小野寺順也, 松浦晶央. ニホンザルにおける三次元的な空間利用を促す環境エンリッチメントの評価. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2016年度春季合同研究発表会 (2016年3月, 東京).
  28. 田中愛, 松浦晶央, 小倉匡俊. アンケート調査に基づく日本におけるレッサーパンダの飼育状況および高齢個体の管理の現状. ずーだなも。動物園大学6 in 犬山 (2016年3月, 犬山).
  29. 小倉匡俊, 池田秀俊, 小林郁美, 西川夏実, 阿部弘, 八巻明彦, 佐藤喜伸, 田山麗, 安曇正晃, 永倉頌子, 小野寺順也, 松浦晶央. 環境エンリッチメントによるニホンザルの立体的な空間利用の変化. ずーだなも。動物園大学6 in 犬山 (2016年3月, 犬山).
  30. 山梨裕美・橋本直子・田中正之・和田晴太郎・岡橋要・長尾充徳・岡部光太・島田かなえ・小倉匡俊・萩原慎太郎・三家詩織・山崎彩夏. 第一回環境エンリッチメント実践型ワークショップの開催@京都市動物園. ずーだなも。動物園大学6 in 犬山 (2016年3月, 犬山).
  31. Matsuura A., Ono A., Ogura T., Hodate K. Changes of plasma cortisol concentration, heart rate variability and behavior in Yonaguni pony caused by practical horse trekking. 49th Congress of the International Society for Applied Ethology (September 2015, Sapporo, Japan).
  32. Ogura T., Otani S., Takeishi A., Tateishi R., Ohata M., Arihara K., Nakayama T., Yamabe K., Shigeno H., Tani Y., Matsuura A. Choice behavior on feeding Eucalyptus leaves in koalas Phascolarctos cinereus. 49th Congress of the International Society for Applied Ethology (September 2015, Sapporo, Japan).
  33. 小倉匡俊, 大谷彩夏, 竹石歩実, 立石莉子, 大畑素子, 有原圭三, 中山哲男, 山部桂子, 茂野寛生, 谷佳明, 松浦晶央. コアラのユーカリ葉採食時の選択行動の分析. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2015年度春季合同研究発表会 (2015年3月, 宇都宮).
  34. 大畑素子, 伊藤愛里, 小倉匡俊, 松浦晶央, 中山哲男, 山部桂子, 有原圭三. コアラのユーカリ葉選択に対する揮発性成分の影響. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2015年度春季合同研究発表会 (2015年3月, 宇都宮).
  35. 小野綾香, 小倉匡俊, 松浦晶央. 実践的なホーストレッキングによるヨナグニウマの血漿中コルチゾール濃度、心拍変動および行動の変化. 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2015年度春季合同研究発表会 (2015年3月, 宇都宮).
  36. 木村幸一, 髙倉健一郎, 木下こづえ, 黒鳥英俊, 小倉匡俊, 尾崎康彦, 久世濃子. オランウータン特有の身体の変化について. ずーぜよ。動物園大学5 in 高知 (2015年3月, 高知).
  37. 橋本直子, 小倉匡俊, 小山奈穂, 田口勇輝, 萩原慎太郎, 三家詩織, 山崎彩夏, 山梨裕美. SHAPE-Japanの活動紹介~エンリッチメントをみんなで形に!~. 第17回SAGAシンポジウム (2014年11月, 茨城).
  38. 木村幸一, 髙倉健一郎, 黒鳥英俊, 木下こづえ, 小倉匡俊, 尾崎康彦, 久世濃子. スマトラオランウータン、フランジ雄死亡によるアンフランジ雄の二次性徴について. 日本哺乳類学会2014年度大会 (2014年9月, 京都).
  39. 小倉匡俊, 小山奈穂, 田口勇輝, 橋本直子, 三家詩織, 山崎彩夏, 山梨裕美. SHAPE-Japanの活動紹介~エンリッチメントのアイデアをみんなで形に!~. ずーじゃん。動物園大学4 in 横浜 (2014年3月, 横浜).
  40. 木村幸一, 髙倉健一郎, 木下こづえ, 黒鳥英俊, 小倉匡俊, 尾崎康彦, 久世濃子. スマトラオランウータン雄のフランジの発達について. ずーじゃん。動物園大学4 in 横浜 (2014年3月, 横浜).
  41. 中山哲男, 戸嶋康伸, 山部桂子, 茂野寛生, 小倉匡俊. コアラが好きなユーカリを探せ?(Ⅱ). ずーじゃん。動物園大学4 in 横浜 (2014年3月, 横浜).
  42. 堀田里佳, 柴田千賀子, 近藤裕治, 山本光陽, 今西鉄也, 小倉匡俊, 田中正之, 羽深久夫. チンパンジーのタワー利用状況比較調査. ずーじゃん。動物園大学4 in 横浜 (2014年3月, 横浜).
  43. Ogura T. Introduction of research projects in Higashiyama zoo, Nagoya. PWS Kick-off symposium (March 2014, Kyoto, Japan).

シンポジウム・招待講演

  1. 小倉匡俊. 研究者にできること ~動物園水族館と大学と私~. 市民ZOOネットワーク・クロストーク2nd (2017年2月, 東京).
  2. 小倉匡俊. 環境エンリッチメントをみんなで形に – The Shape of Enrichment と SHAPE-Japanの紹介. 帝京科学大学動物園研究部第1回公開勉強会 (2016年6月, 山梨).
  3. 小倉匡俊. 展示動物における「管理」. 2016年度応用動物行動学会・日本家畜管理学会共催シンポジウム「動物の『管理』とは何か?-私の考える『管理』とは-」 (2016年3月, 東京).
  4. 小倉匡俊. 比較認知科学と環境エンリッチメント概説. 盛岡市動物公園飼育研究会 (2015年9月, 盛岡).
  5. 小倉匡俊. 動物行動学・心理学の視点からの環境エンリッチメント研究. 仙台市八木山動物園飼育研究セミナー (2014年6月, 仙台).

公開講座・フォーラム

  1. 小倉匡俊. 動物園を科学する – 動物園と科学の世界の関係. 平成27年度北里大学公開講座. 2015.9.10.

出張講義・講習会

  1. 小倉匡俊. 動物園を科学する. 神奈川県立麻溝台高等学校(相模原市)出前授業. 2016.11.14.
  2. 小倉匡俊. 動物園を科学する. 千葉県立幕張総合高等学校(千葉市)出前授業. 2014.9.29.

競争的研究資金受入

  1. 松浦晶央. 育成馬の飼育環境ストレス下における全身3D画像情報を用いた筋骨格成長評価.競走馬生産育成研究助成事業. 2020年1月~2020年12月.
  2. 小倉匡俊. 盲導犬は何を見る?動きに対する注視から迫る使役犬化の歴史. 日本学術振興会科学研究費 若手研究. 2019年度~2021年度.
  3. 小倉匡俊. イヌは何を見ているか?視線の動きから迫るイヌの進化史. 日本学術振興会科学研究費 若手研究(B). 平成28年度~平成29年度.
  4. 田中愛. 行動学的評価を基にした高齢レッサーパンダの飼育管理手法の検討. 京都大学野生動物研究センター共同利用・共同研究. 平成28年度.
  5. 小倉匡俊. コアラのユーカリ選好性から見る共進化史についての実験的研究. 笹川科学研究助成. 平成28年度.
  6. 小倉匡俊. コアラのユーカリ採食行動から見る共進化史の解明. 笹川科学研究助成. 平成27年度.
  7. 松浦晶央. 動物介在療法領域に用いる日本在来馬の行動学的・運動生理学的特長に関する研究. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C). 平成26年度~平成28年度.
  8. 松浦晶央. 日本在来馬の動物介在活動・療法・教育への利活用に関する研究. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B). 平成23年度~平成25年度.
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 北里大学 獣医学部 動物資源科学科 動物行動学研究室 All Rights Reserved.